【 one day テンカラ部 】

ワンデイテンカラ部のホームグラウンドとなりつつある四国の吉野川テンカラ釣りに行ってきました。
※テンカラ釣りは竿と釣り糸と毛針だけで行う日本の伝統的な釣りです。

今回はワンデイSNSモデルでお馴染み アトリエメロウ のKNYと、KNYのパイセン ラカル のKTY氏との同行。
KNYは昨秋初のテンカラに挑戦するも惨敗。KTY氏は初の参戦。
最高気温は24度ほど。魚の活性が高そうなので期待に胸が膨らむ3人。

KNYは慣れたもので一人でどんどん釣り上がって行く。
KTY氏には毛針の落としどころ、渓の歩き方、危険な行為等をレクチャーしたのち竿振りのレッスン。
飲み込みが早くいざ実践へ。

息をのむような渓相に柏手を打ちつつ3人で川面を叩く。しかし叩けども叩けども魚の反応無し。時折、魚の姿を見ることはできるが、毛針には見向きもしてくれず意気消沈。
衣服調整を兼ね昼食を取る。食べたばかりなので小休止と思いきや流石は美容師軍団。食べ終わったら即仕事が染みついているのか「 いざ行かん! 」と二人して仁王立ち。
「 ち、ちょっと休憩させてくれ 」と懇願し承諾してもらったものの二人のそわそわ気配を察し根が生えそうになった腰を持ち上げ気を取り直して再出陣。

昼からはKNYはテンカラを諦めルアーにチェンジ。KTY氏はテンカラで攻め続ける。
アタリは無く今回も惨敗かと思いきやKNYのルアーに2発ヒット。
テンカラではないが初のアマゴを釣り上げご満悦。
「 KNYグッジョブ! 」
自分ならお持ち帰りだけどKNYは優しいので2匹ともリリース。

KTY氏は残念ながら釣果が無かったので悔しかっただろうなぁ・・・「 KTY氏、次回は絶対釣れるさ! 」