【 NEPENTHES AMERICA 】

今年もロングアイランドシティにあるネペンテスアメリカでエンジニアードガーメンツの2020春夏物をいち早くチェックさせて頂きました。

大器さんや宮本君がデザインしたものが、同じフロアーでパタンが引かれサンプルや製品が制作されているEG、AiEの正に核心部。

何度訪れても動悸がするほど感動します!

 

 

まずは入り口の表札。ここから動悸が始まります。

 

 

エントランスに飾らせている内藤カツさんのフォトとロッカーのコントラストが渋過ぎます。

 

 

そして2020春夏のサンプル達。

あまり早過ぎて詳しくはご紹介出来ないのが残念ですが2020の夏が待ち遠しいです。

 

無造作に置かれている反物。お宝です。

 

工場ではサンプルや2019秋冬物が製造されています。

出来上がった製品が山積みになっているのをみるとお畳みしたくなります。

 

大器さんや宮本君のデスクからの景色。

建設用の重機などを保管している場所で高い建物がなく展望抜群です。

中央には2019春夏のルックブックの表紙に使われているsilvercupの看板が。看板下は何本もの電車が交差するポイントで鉄道好きで無くともずっと眺めていられます。

 

滞在中は何度か訪れる事となるのでまた別の視線でご紹介します!!!